ラオス旅行記

パークセー→チャムパーサック到着、宿探しをする

パークセーの南バスターミナル

乗合バスがパークセーに到着する、バスターミナルに入る直前から、タクシーやバイタクの勧誘は始まっていた。乗り込んでくるだけでなく、走っているバスの窓や屋根にぶら下がり、勧誘するのである。数人がバスの窓にぶらさがっていた。勧誘は外国人観光客である自分だけでなく、地元の人に対しても熱心であった。

バスを降りると、バイタクが数人来た。「チャムパーサックにバスで行く」と言うと、そのバスはここから離れた南バスターミナルから出ているとのことであった。タイバーツでの料金交渉をし…運ちゃんは誰もが同じ料金を言う。少し高くね?レートが悪かったが、仕方が無かった。

ラオスの乗合バス

ロット・ドイサーンというソンテウに似た乗合バスはなかなか出発しなかった。可能な限り、乗客と荷物を積み込むのである。

ラオスの子供

脚が伸ばせん、身体が曲がった状態でバスは出発した。

ラオスのフェリー乗り場

乗合バスは乗客を乗せたまま、フェリーに乗る。乗り物専用のフェリーである。

ラオスのフェリー

バスがフェリーに乗ると、野菜や麺類、飲料の売り子が来た。

ラオスの女性

ラーメンを食いたかったが、乗合バスの一番奥に乗ってしもうたので、降りることができなかった。

ラオスのラーメン屋

移動ラーメン屋。カーフェリーでラーメン販売は初めて見た。美味そー!腹減ったなあ。朝は粥もあった。現在ラオスの金が無いので我慢。。。

チャムパーサック到着

ラオス・チャムパーサックの街

チャムパーサックに到着したらしいが、どこら辺で降車すべきか?

外の様子を見ながらタイミングを考えていると、ソンテウが或るゲストハウス前で停車した。乗客の一人が、「ここで降りろ」とジャスチャーする。

最初は、ソンテウと提携している宿かとおもったが、同じソンテウにタイ人ぽい旅行者が一人乗車していたのだが、彼が指定したゲストハウス前に停まったのである。歩き方掲載の。

オーナーが笑顔で出迎え「ようこそ!安くて、GOOD ROOMですよ!」印象は良く、看板にはバスチケット手配、ボート、、、など便利そうなサービスも書いてある。よさそうであったが、宿探しの時間に余裕があったので、他の宿を探すことにした。

ラオスの街並み

あえて、宿レポートを書きたかったので、情報が無いゲストハウスに行ってみた。

オーナーらしく女性の印象は良く、メコン川沿いのレストランがある。

メコン川

トイレ水シャワー付き40000kip。今は客はいないようだ。

ラオスのゲストハウス

その宿の道を隔てた反対側にある、ガイドブック掲載のゲストハウスにも行ってみた。

おばちゃんの印象は良く、値段はさっきの宿と同じだが蚊帳があった。客は他にもいるようだ。少し高い部屋は新築で立派であった。結局、情報の無いゲストハウスを選んだ。

ラオスのフライドライスフライドライス

レストランでフライドライスを食う。おお!ラオス、タイよりメシの量が多いかもしれん!美味い!

先ほどの宿「Khamphouy Guest House カムプイゲストハウス」でレンタサイクルを借りた。一度断った宿であるが、おばちゃんは笑顔でいい人そうであった。


NEXT

チャムパーサックの街をチャリで走る